横浜・川崎市で介護・看護の派遣紹介ならフーンケアワーカー

foon careworkerの新着情報

COLUMN

コラム

理学療法士の転職活動で面接は何を聞かれる?面接官が求めていることやよくある質問まとめ

理学療法士の転職活動で面接

「転職では何を聞かれる?」

「面接官は何を求めている?」

医療関係の職種は転職が多く、ほとんどの方が1回以上は転職を経験します。理学療法士の転職活動の場合は志望先に求人応募を申し込むと、まず直接面接の日程調節が行われるので、履歴書だけをみられることは少ないです。

面接官からの質問や求めていることを把握することによって、今回や今後の転職活動に役立ちます。面接を受ける時は前もって内容をまとめておきましょう。

この記事では、転職で面接をする際に聞かれる質問や求められていることについて現役理学療法士で転職経験のある私が紹介します。ぜひ参考に転職活動を行いましょう。

1.面接で重要視していること

求人に応募すると、応募者と面会するためにすぐに面接の日程調節が行われます。応募している医院や施設にとって、応募者の人柄や態度が職場に合っているかとても重要です。

新しく理学療法士が入社すると、理学療法士同士だけではなく看護や医師を含めチーム医療としての連携が必要になります。なので、実際に面接で応募者の姿勢を見ることを重要としていることが多いです。

面接をする場合は、リハビリの役職者や総務科が行っていることが多く、場合によっては看護師長や医院長が面接に立ち合います。

話している内容も大切ですが、目を見てはっきりと話しているか、マナーはしっかりとしているかどうか見ています。患者と一緒にリハビリを頑張る誠実な姿勢が面接中に伝わるように、話す内容は練習していきましょう。

2.絶対に面接で聞かれる質問 

1志望動機はなんですか?

志望動機とは、「応募した医院や施設でなぜ働きたいのか」が分かる項目です。面接では必ず聞かれる質問です。分かりやすくしっかり答えられるようにしておきましょう。志望動機は、これまでの経験や転職しようと考えたきっかけ、将来のキャリアプランを上げていくと志望先を選んだ理由につながります。

志望先を選んだ理由だけ答えた場合でも、あとで転職を考えたきっかけや今後のキャリアプランを聞かれる可能性が高いです。志望動機に関する内容を考えておきましょう。

①これまでどのような経験をしてきたのか

前職で勤めていた職場でどのような経験をしたのか、なぜその経験を得ようと務めていたのかを話しましょう。病院であれば急性期なのか回復期なのか、何年務めて来たのか、どのような患者の治療が多かったのか、成長ができたのかなどです。これらの内容で、現時点の能力がどれだけあるのか予測されます。

②なぜ転職を考えたのか

前職の転職を考えた理由やきっかけを話しましょう。ネガティブな理由は事実だったとしても避けてください。トラブルがある人物だと思われてしまう可能性があります。さらなる成長のためや今後のキャリアのための理由であると良いです。結婚・出産が理由の場合は、職場は理解してくれるはずなので大丈夫でしょう。

③今後のキャリアプラン

自分が理学療法士としてどのように成長したいのか、最終目標について話しましょう。もちろん、志望先で働くことが将来のキャリアプランのためになることも説明します。

将来的に独立したい場合は、伝え方に注意しましょう。そのことを話すと将来的に辞めてしまうことを面接官に伝えることになるからです。しかし最終的に辞めることを隠すことは、双方にとって良くありません。

応募者が経営者目線で仕事をすることや営業なども幅広くチャレンジしたいことは志望先からすると良い印象を与えることもできます。最終適な独立を伝える際に、管理を含めて幅広い経験を得たいということを含めて伝えましょう。

④なぜ当院を選んだのか

志望先の理念や方針が、自分のキャリアプランや考え方とマッチしていることを伝えましょう。経験が得られるのでといった事では不十分です。「経験豊富な職員と仕事ができるのでより一層モチベーションが高まるため。」「理念に共感し、そのために自分も頑張りたいと思える環境だからです。」など、志望先の環境が自分と合っていることを伝えましょう。

2 何か質問はありますか?

こちらの質問も必ず聞かれます。質問を1つはできるようにしましょう。志望施設のことをよく調べた上で質問すると良いです。何もないとあまり良い印象はなく、無理に質問しても相手にはわかります。

「休みがとりやすいですか?」「副業可能ですか?」といった質問は働きやすさを考えると重要な質問ですが、こちらの都合に関する質問だけするのは良くはありません。「どのような疾患が多いですか?」「勉強会は実施されていますか?」といったスキルアップにつながる内容の質問も含めましょう。

3. 面接で良く聞かれる質問

1長所と短所を教えてください

面接官はこちらがどのような人か、客観的に自分を診ようとしているかどうかを質問しています。長所を成長させ、短所をどのように向き合っているのかを話しましょう。

「結論→エピソード→どう活かすか」という流れで話すと分かりやすいです。短所が業務に支障が出そうな内容の場合、悪い印象を与えてしまうかもしれません。「寝坊」「短気」などの内容は避けたほうが良いです。

2 仕事に対して心がけていることを教えてください

仕事内容や職員・患者に対して、自分が心がけていることを伝えましょう。この質問は人柄や仕事に対しての姿勢が分かるので、同じ職場にいてほしい人物かどうか判断しやすいです。「丁寧」さや「元気さ」がわかる内容は良い印象が持てます。

3 理学療法士をしていて良かったと思うことを教えてください

エピソードを含めて理学療法士をしていて良かったことを話しましょう。エピソードがあるとイメージが付きやすく、人柄も伝わりやすいです。面接官は応募者が患者のために頑張れる人かどうかも重要視しています。

4 転職先に求めていることはなんですか?

応募者が何を重要視しているのか、時間か給料かキャリアか具体的に確認したい面接官は聞いてきます。この場合は、ひとつを答えるよりも、順番やキャリアプランから動機付けをした方が良いです。

4. まとめ

面接を受ける前に、答える内容をまとめておくとリラックスして面接を受けられます。面接を受ける様子で前もって準備をしてきたかどうかは面接官に伝わり、用意周到な姿勢は良い印象です。是非、参考にして面接をうけましょう。

  • コラムカテゴリー : リハ

関連記事一覧

ご登録・お問い合わせはこちら

050-5527-3253

受付時間 9:00〜18:00