横浜・川崎市で介護・看護の派遣紹介ならフーンケアワーカー

foon careworkerの新着情報

COLUMN

コラム

理学療法士の転職を考える理由や目的は?転職先を探す手段やタイミングは?

理学療法士の転職を考える理由や目的は?転職先を探す手段やタイミング

「理学療法士が転職する目的は?」

「転職先を探す手段やタイミングがわからない。」

理学療法士は国家資格の仕事なので再就職しやすく、転職がかなり多い職業です。より良い環境を求めて転職することができます。

しかし、転職先を見つける方法やタイミングがわからない人もいるはず。そのような人のためにこの記事では、目的に合わせた転職方法やタイミングなど、転職について紹介しています。是非参考にしてください。

1.転職のタイミングはいつがベスト?

転職が多い時期は7月〜8月、12月〜1月です。大体の人は7月や12月のボーナス時期が終わった後に合わせています。
結婚や転職したいところが決まっていればタイミングはそちらの都合で決まりますが、タイミングを自分で決めることができる場合はボーナスを受け取った後が良いです。

ボーナス前に退職すると、ボーナスはもちろんないので勿体ないです。😔医療職は退職する2〜3カ月前に、退職届を出すように規定されている場合が多いです。
そのため4〜5月または9〜10月ごろに退職届をだせるように、転職活動をすると良いでしょう。

2.理学療法士が転職を考える理由や目的

理学療法士の仕事は転職しやすく、転職目的は収入アップや地方に引っ越すなど様々あります。転職目的によっておすすめの転職先やタイミングがありますので、目的別に一緒に紹介していきます。😊

 1.収入アップ目的

誰もが就職先は、収入額を確認した上で選んでいるはずです。しかし勤めてみると徐々に少ないことに気が付きます。理学療法士1年目は仕事を一人前に任されていない中で、お給料がもらえるので嬉しいものです。しかし、2年目になると住民税が重なり、3年目になると昇給がなく好きにお金を使えるほどお給料がないことに気が付きます。

特に家庭をもつ先輩は金銭面にかなり気を使っていることを聞くようになります。このように徐々に収入に満足しなくなることが多いのではないでしょうか?

収入をあげる手段として、転職も方法のうちの一つです。理学療法士の募集は条件に、数年の経験を求めている場合があります。卒業後は新卒生の募集をしている就職先でしか応募できませんが、経験を積めば収入が高い就職先に応募ができます。

経験1年以上よりも経験3年以上を求めている場合が多いです。就職の幅が広がる3年目を過ぎたタイミングで、転職するのがオススメです。

転職先は年収が高いところを選ぶのはもちろんですが、副業が可能であるとさらに収入をあげることができます。病院では副業を禁止しているところがまだまだ多いですが、訪問看護ステーションやクリニック、施設であれば副業ができる可能性が高いのでオススメです。

また、定年退職金をしっかりもらいたいのであれば、国立病院への転職が良いです。

 2.キャリアアップ目的

病院によってそれぞれ特徴があります。急性期や回復期の違いもありますが、整形や脳外科、小児でリハビリの内容も全く違います。回復期の脳外科が有名な病院でも、病院によってリハビリの手法が異なります。
また、病院に在籍している理学療法士や医師によっても異なります。

転職し、他の病院も経験することで知識が広がりキャリアアップにも繋がります。自分の挑戦したい分野や、一緒に仕事をしたい理学療法士や医師を基準に転職先を探す方法があります。

ただし、病院の方針や在籍している職員の状況は、1年でも大きく変化することがあります。就職できたのにすれ違いでその先生が転職したり、新しい病棟ができて配属されるなどこのようなことが起きては意味がないですよね。

勤めたい職場について確認してタイミングを見ましょう。務めている職員に状況を聞けると一番良いです。

 3.結婚のタイミングで転職

結婚のタイミングで引越しや働く時間を変えるために転職する人、収入アップを考えて転職する人もいるでしょう。地方になると、どこの病院がどういうところなのか情報を得にくいです。
全く知らない土地であれば、エージェントに頼んだり求人サイトやハローワークで探す方法があります。

病院はやりがいはありますが、朝が早いところや夕方にリハビリがあるところがあり、お給料もそれほど高いところは少ないです。
収入を上げたり時間に余裕ができるようにするのであれば訪問看護ステーションやサービス付き高齢者住宅がオススメです。

 4.ワークライフバランスを取りやすくする目的

医療関係の仕事は祝日出勤であることが多く、お盆休みやお正月休みがないことは多々あります。病院では出勤が朝が早く、夕方からのリハビリがあるところや土日の出勤がある場合もあります。
ワークライフバランスを取りやすい職場は、デイケアや施設、訪問看護ステーションがオススメです。

特に訪問看護ステーションは収入も高いので、子育てや趣味に時間とお金をかけたい人には良いです。訪問看護ステーションやサービス付き高齢者住宅の転職先を探す手段は、知人の紹介や求人サイト、エージェントに相談、ハローワークに相談する方法があります。

 5.体に負担がないところで働く目的

病院のリハビリはやりがいがありますが、介助量が重度な方が多く担当患者の人数や書類作成が多いです。また、精神的にも緊張感や責任感があるのでストレスフルなお仕事です。
そのため、腰や膝を悪くしてしまった職員や、中には精神的に働けなくなってしまった職員もいます。

専門卒であっても理学療法士の仕事を無理に再就職することはおすすめしません。選択肢は多くあるので、ハローワークやエージェントに相談してみましょう。😊

もし転職にリハビリの仕事を選ぶのであれば、転職先は自分の状況を理解している知人が在籍する職場や、エージェントに相談する方法があります。

身体の負担を考えると、デイケアや施設などがオススメです。デイケアや施設によっても利用者の介護度が異なるので、介護度が軽い場所を選ぶと良いです。

自分の身体や精神の負担がかからないように、前もって再就職先に理解してもらうようにしましょう。

3.まとめ

目的別 オススメのタイミングや転職先まとめ

目的オススメのタイミングや転職先
収入アップ目的経験3年目以降のタイミングで年収が高く副業可能な職場に転職
キャリアアップ目的学びたい医師や理学療法士がいる転職先で、状況やタイミングを確認してから転職
結婚のタイミングで転職地方への引っ越しや収入面、勤務時間を考えて転職する場合、訪問看護ステーションや施設がオススメ
ワークライフバランスを取りやすくする目的デイケアや施設、訪問看護ステーションがオススメ
体に負担がないところで働く目的介護度が低い利用者が多いデイケアや施設、自分の状態を理解してくれる職場がオススメ

いかがでしたか?良い転職先に出会えるように、見学や情報収集をしっかりしてから選びましょう。

理学療法士の転職ならこちら

  • コラムカテゴリー : リハ

関連記事一覧

ご登録・お問い合わせはこちら

050-5527-3253

受付時間 9:00〜18:00