横浜・川崎市で介護・看護の派遣紹介ならフーンケアワーカー

foon careworkerの新着情報

COLUMN

コラム

夜勤の看護師(ナイトナース)のお仕事はどんなこと?

ナイトナース

看護師の求人で気になるのは夜勤の有無ではないでしょうか?

夜勤と聞くと「夜全く眠らずに朝まで働くのかな?」「1人のときに患者様に急変が起きたらどうしよう?」「1人で夜の病院にいるのは怖い……」など、不安なことが多いですね。

看護師の求人で気になるのは夜勤の有無ではないでしょうか?

夜勤と聞くと「夜全く眠らずに朝まで働くのかな?」「1人のときに患者様に急変が起きたらどうしよう?」「1人で夜の病院にいるのは怖い……」など、不安なことが多いですね。

看護師の夜勤は、仮眠もできますし1人で勤務することもありません。なかには、日勤よりも夜勤がいいと話す看護師もいるほどです。
業務内容も、日勤とほとんど変わりません、ナースコールの対応・巡回(ラウンド)・体位交換・おむつ交換・点滴交換・検温・食事介助などを行います。

次に、看護師の夜勤シフト基本的に2交代制か3交代制となっています。

2交代制は、日勤と夜勤を分けた勤務形式です。勤務時間は病院によって異なります。

例えば「日勤8時~20時半・夜勤20時~翌日8時半までの12時間ずつで交代」「日勤8時~17時・夜勤16時~翌日9時まで16時間」などです。

日本看護協会により「16時間以上の業務には2~3時間の休憩を取ることが望ましい」とされています。そのため、2~3時間の仮眠時間を設定している病院が多いです。仮眠時間は、原則手の空いている時間に取るものとされています。仮眠中に急変された患者様がいたら対応が必要です。

2交代制よりも短時間の夜勤は3交代制。「日勤8時~16時半・準夜勤16時~24時半・深夜勤24時~8時半」と3つの時間帯に分けられている勤務形態となっています。勤務時間が短いので、仮眠はとらず最後まで働くことがほとんどです。出勤前に仮眠を取るなどして、体調管理をしっかりしておきましょう。

2交代制も3交代制も、複数人の看護師で勤務をしているため1人で全ての業務を行うことはありません。また、夜勤明けに日勤のシフトが入ることもないため帰宅してゆっくり休めます。夜勤明けの翌日が休みだと、帰宅後からプライベートの時間も充実させることも可能です。

ナイトナースは、夜勤手当ももらえるため収入もアップします。

また、非常勤の夜勤バイトもあるため他の仕事をしている方が、夜勤の看護師として働くことも可能です。神奈川県でも、夜勤看護師を募集している病院は多く1回30,000円以上と高収入の求人もあります。

もし、これから夜勤の看護師に挑戦してみようと考えている方がいれば派遣会社などに相談してみましょう。派遣会社では、あなたの希望条件に合わせた病院を提案することができますよ。勤務地や2交代制、3交代制など、そんな働き方が良いか一緒に考えてみましょう。

看護師は、命を預かる大切な仕事です。少しでも、働きやすい環境であなたの力を思う存分発揮させてくださいね。

  • コラムカテゴリー : 看護

関連記事一覧

ご登録・お問い合わせはこちら

050-5527-3253

受付時間 9:00〜18:00