横浜・川崎・地域密着の介護看護の派遣紹介ならフーンケアワーカー

foon careworkerの新着情報

COLUMN

コラム

【体験談付き】訪問看護ステーションでは1日に何件訪問するの?

訪問看護ステーションでは1日に何件訪問するの?

訪問看護師は移動も含めてキツイと言われることがあるため、1日にどれくらい訪問するのかと気になっている人もいるでしょう。

今回は、訪問看護ステーションでの訪問件数について、ご紹介していきます。

移動時間や訪問看護でのノルマなどについても、触れているのでぜひ訪問看護師で働く際の参考にしてみてください。

訪問看護の1日の件数と訪問時間について

訪問看護の1日に訪問する件数と訪問時間について、ご紹介していきます。

訪問看護では、「30分未満」「30分〜1時間未満」「1時間半未満」の3つの訪問時間で訪問することが一般的です。

訪問件数や訪問時間については、それぞれのステーションの特徴によっても異なりますが、一般的には1時間の訪問を1日5〜6件回ることが多いです。

ただし、訪問内容や事業所の体制などによって、多少前後することは理解しておきましょう。

私の場合は、常勤のときには1時間の訪問を4〜5件/日訪問していることが多かったです。

また、非常勤の場合は勤務時間によって、訪問件数は異なってきます。

非常勤でもフルタイムで働いている場合は、常勤の人と変わらない訪問件数になることが多いです。

ただ、時短で働く場合は希望する終業時間に合わせて、訪問件数も異なってきます。

そのため、利用者の状態変化や処置によっては、多少残業になることもありますが、病棟勤務に比べると、定時で帰りやすい職場が多いと言えるでしょう。

訪問看護での移動時間はどのくらい?

訪問看護での移動時間についても、各事業所の利用者のご自宅がある場所にもよります。

もちろん、負担が少ないように訪問のスケジュールを組むときには、近くのお宅で訪問順序を決めていきます。

ただし、利用者の状況などによってなかなか近くのお宅同士で、順番を決めることができないことも多いです。

また、ケアマネージャーのケアプランでは、何曜日の何時にこのサービスを提供するということを決めて、それに合わせてさまざまなサービスが行われるので、勝手に時間を変えることも出来ません。

そのため、はじめは移動時間が短かったのが、訪問が終了した人の時間帯に別の利用者を入れた場合、距離が遠くなってしまうこともしばしばあります。

私が経験してきた中では、移動時間は15分〜30分程度が一番多かったです。

ときには、5分程度で行けたり、事業所から徒歩で2〜3分というお宅に訪問することもありました。

訪問するときの移動時間は、事業所によって違います。

また、入職してから利用者の入れ替わりによって、移動時間も変化してくることも考えられます。

訪問看護での移動時間が気になる場合には、働く前に確認しておくのがおすすめです。

そして、入職後に変わる可能性があることも理解しておく必要があるでしょう。

訪問看護ステーションの管理者も訪問するの?

訪問看護ステーションの管理者も訪問するかは、ステーションの規模にもよります。

病院系列の訪問看護ステーションの場合は、管理者は管理業務だけを行うというところも珍しくありません。

しかし、多くの訪問看護ステーションは、中小規模です。

この場合は、管理者もある程度訪問に行くと考えておくといいでしょう。

そのため、報告のタイミングが難しいと思う人もいるのではないでしょうか。

ただ、訪問看護の場合何かあったときには、携帯やスマホによりスタッフ同士で連絡できる体制をとっていることがほとんどなので、安心して大丈夫です。

病院では、師長や主任に報告したいことがあるけれども、つかまらないということも多く、困ることも多くありました。

しかし訪問看護の場合は、どうしても報告したいことがあるときには、電話でタイムロスが少なく報告ができたので良かったです。

また、直接話さなくても状況だけ知っておいてほしいという場合は、グループラインなどを利用して報告もでき、既読が付くことにより見てもらえたかどうかも確認できて、とても仕事がしやすかった印象があります。

訪問看護にノルマはあるの?

訪問看護でのノルマは、あるところとないところがあります。

私が勤めていたところでは、明確なノルマはありませんでした。

しかし、事業所によっては自分で営業に行って利用者さんを獲得していくところもあると、聞いたことがあります。

さらによく聞くのが、インセンティブです。

基本給に加えて、訪問件数や訪問時間によって上乗せして、報酬をもらえるというシステムを取っている事業所は数多くあります。

インセンティブについては、私が働いていた事業所でも途中から取り入れられました。

その理由も、インセンティブをつけている事業所が増えてきたからという理由です。

このことから、ほとんどの事業所で設けていることが考えられます。

訪問看護師は基本給はさほど変わらなくても、夜勤がない分病棟看護師よりも手取りが減ってしまうことも多いです。

もし、訪問看護師でも病棟と同じくらい稼ぎたいと思う人がいれば、このインセンティブやオンコールを頑張ることで、稼いでいくことを考えてもいいでしょう。

上乗せ額や割合については、各事業所で基準が違うので、気になる人は入職前に確認してみてください。

まとめ

今回は、訪問看護ステーションの1日の訪問件数と訪問時間について、解説してきました。

訪問件数や訪問時間は事業所によってさまざまで、さらには常勤・非常勤でも異なってきます。

一般的には1時間の訪問を5〜6件が多いですが、事業所の特性によっても変わってくるので、気になる人は働き始める前に確認しておくことで、一日の流れがつかめて働きやすくなるのではないでしょうか。

  • コラムカテゴリー : 看護

関連記事一覧

ご登録・お問い合わせはこちら

050-5527-3253

受付時間 9:00〜18:00