横浜・川崎市で介護・看護の派遣紹介ならフーンケアワーカー

foon careworkerの新着情報

COLUMN

コラム

【メリット】早番で介護スタッフの一日の時間の流れ【デメリット】

早番介護職の一日の時間の流れ

【介護施設】一日の時間の流れ~早番編~

24時間体制の介護施設では、早番・遅番・夜勤の3交代か日勤(中番)が入った4交代が一般的です。

介護施設はシフトが4つあるので、自分の働きたい時間に合わせて選べるのは仕事探しの上でとても魅力的だと思います。

これから介護職に就きたいと思っている方は、「介護職ってどんなの?」という疑問や「介護職って大変?」という不安や心配があると思います。

元介護士の筆者がこれまでにグループホームの日勤編、夜勤編をご紹介してきましたので、今回は早番について業務内容や早番のメリット・デメリットなどを分かりやすくご説明します。

ぜひ、就職・転職の参考にしていただければと思います。

時間ごとの仕事の流れ【業務内容】

7:00~ 出勤

夜勤職員と申し送りをして、状況に応じて朝食の準備または起床介助の手伝いをします。

7:30~ 起床介助・排泄介助・更衣介助・朝食準備

順番に居室を回り声かけをします。必要に応じて起き上がり介助をします。

自立している利用者は、声かけをして各自トイレに行っていただき、必要な方には排泄介助・更衣介助をします。洗面・更衣が終わった方から席に誘導します。

7:50  バイタルチェック・朝食配膳

順番にバイタルチェックをして、全員席に着いたら朝食配膳します。

8:00  朝食・食事介助・服薬介助・口腔ケア

できる限り自分で食べていただきますが、必要な方は介助します。

食べ終わったら、間違いのないように注意しながら服薬していただき、口腔ケアをします。

8:30  朝食片付け・洗濯・居室掃除

下膳し、食器洗いなど片付けをしたら、洗濯・掃除をします。

動ける利用者は、声かけしながら一緒に手伝っていただきます。

9:00  午前の体操・運動

利用者のレベルに合わせて、ストレッチやラジオ体操、ボールやタオルを使った軽い運動を行い、身体機能の低下や脳機能の低下を予防します。

10:00  休憩タイム

運動が終わったら、ひと休みです☕お茶、コーヒーを配り、レクの用意をします。その間に早番職員は入浴準備をします。

10:30~ 入浴・レクリエーション

グループホームは1ユニット9人なので、1日に3人ずつ入浴を行う所が多いようです。入浴以外の利用者は中番、遅番職員とレクリエーションを楽しみます。

12:00  昼食・服薬介助・口腔ケア

昼食前にトイレ誘導し、全員が席に着いたら配膳します🍲

食事が終わった利用者から服薬介助・口腔ケアをします。

13:00  昼寝・自由時間

昼食が終わると、リビングでテレビを見たり、居室に戻りお昼寝をしたり、各々自由に過ごします。

また、自立支援の一環として、比較的しっかりした利用者は、職員と一緒に食後の食器洗いや、洗濯物をたたむなどの家事を手伝ってもらいます。

14:00  午後の体操・運動

お昼寝が終わったら、午後も軽い運動をします。

15:00  レクリエーション・記録業務

中番・遅番職員がレクを担当し、早番は利用者と話をしながら、今日の介護記録や業務日誌の記入をします。時間があれば残っている雑務を片付けます。

16:00  早番退勤

早番勤務のメリット・デメリット

【早番のメリット】

・早番勤務で一番のメリットは、規則正しい生活を送れることでしょう。

7時出勤ですと遅くても6時に起きなくては間に合いませんし、職場が遠ければもっと早起きする必要があります🕔

必然的に夜は早めの就寝になるため『早寝早起き』でとても健康的な生活になります。

・通勤でもメリットがあります。一般的な通勤時間からズレますから、通勤ラッシュや交通渋滞のストレスがありません。

・16時に仕事が終わるので、夕方から買い物などプライベートな時間を持てますし、また、公共機関も開いている時間帯ですので、色々な用事を済ませることができます。

・施設によりますが、早番手当が支給されるところもあります。

【早番のデメリット】

早番は意外とデメリットが多くありません。
・一番のデメリットは通勤手段がない場合です。公共機関の始発に乗っても間に合わない場合は働けません。
 

・朝が苦手な人にとっては「早起き」はデメリットかもしれませんが、習慣になってしまえば身体に良いことなのでデメリットにはならないでしょう。

・早起きなので、当然夜更かしはできなくなります。

・冬の早朝は寒すぎる!冬は起きるのも辛いですし、通勤も辛いですね。

早番勤務で健康な毎日

早番のメリットは分かっていただけたと思います。

お子さんがいる人は難しいかもしれませんが、これから介護職に就こうと考えている人は、一度早番勤務を経験してみてください。

最初は辛いと思いますが、慣れてしまえば早起きは気持ちよく、体が軽く感じるようになると思います。

食欲も増して、食事がより美味しく感じますし、夜は寝付きも良くなり質の良い睡眠が取れるようになります。

結果、お肌の調子やお通じも良くなって、健康的な体で毎日を過ごすことができるのです。

働くならイキイキと笑顔で働きたいですよね!

特に介護職は元気と笑顔が大事な職業ですから、体調管理がとても大切です。自分が健康でなければ人のお世話はできないですからね。

早番のみで働くことに興味のある方はこちらから

  • コラムカテゴリー : 介護

関連記事一覧

ご登録・お問い合わせはこちら

050-5527-3253

受付時間 9:00〜18:00